Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「攻殻機動隊」公式Xアカウントが一時乗っ取り被害

人気マンガシリーズ「攻殻機動隊」のX(旧Twitter)公式アカウントが一時乗っ取り被害に遭った。1月30日に復旧している。

講談社によれば、「攻殻機動隊」の公式Xアカウントが、1月28日午前から一時乗っ取られていたもの。同社ではアカウントの利用を一時中止し、ダイレクトメッセージなどに注意するよう呼びかけていた。

その後、アカウントの利用再開に向けて調整を進めていたが、1月30日正午に復旧。今後のポストは、製作委員会や原作による公式の情報になるとしている。

「攻殻機動隊」では、過去の作品における設定で2024年の事件なども描いており、同社は作品性や被害を受けた時期などから作品のプロモーション施策のような誤解を招く報告となり、迷惑や心配をかけたと謝罪。「防壁強化などセキュリティ面での対応は継続して行っていく」と説明している。

(Security NEXT - 2024/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県