Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファーストサーバ、障害の復旧過程で復元データが漏洩した可能性

ファーストサーバは、6月20日に発生した障害の復旧作業に問題があり、復元データが本来の利用者以外に漏洩した可能性があることを明らかにした。

同社ホスティングサービスやクラウドサービスにおいて、大規模障害を受けて復旧を試みた際、利用者とは関係ない他利用者のデータ領域へ誤ってデータを復元させていたことが判明したもの。

不具合は103台のサーバで発生。法人や個人など最大2308の利用者に影響があり、本来とは異なる145の利用者のデータ領域に保存された可能性がある。

漏洩先は同一の物理サーバ内に限られるとしており、1利用者につき、漏洩先は最大6利用者。「ビズ」「ビズ2」「EC-CUBEクラウドサーバ」は1台の物理サーバにつき最大60契約を収容していた。

「エントリービズ」「エンタープライズ3」は1台の物理サーバにつき1契約で、異なる物理サーバ間でデータが流出することはないとしている。

同社では事故原因について調査を進めるとともに、データの漏洩先となった可能性がある顧客に対し、誤って復元したファイルの削除について依頼するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2012/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
さくらの一部サーバにDoS攻撃 - 2時間半にわたり接続障害
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中