Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、無料のソースコード検査ツールを公開 - 危険な8種類の脆弱性を検知

情報処理推進機構(IPA)は、ソフトウェアのソースコードを検査し、問題部分や修正方法をレポートする検査ツール「iCodeChecker」を公開した。

同ツールは、開発段階のソースコードをチェックして脆弱性が含まれていないか検査できるソフトウェア。C言語に対応しており、作り込みやすく危険度の高い8種類の脆弱性を検出することが可能。脆弱性を検出した場合は、修正例や脆弱性が悪用された場合の脅威についてレポートを出力する。

配布にあたっては、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)の協力により、「VMイメージ」「パッケージ」「ソースコード」を用意。同機構のサイトよりダウンロードし、無料で利用できる。

(Security NEXT - 2012/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正