Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google Play上に「ゼルダの伝説」の偽アプリ - 「マリオ」や「ポケモン」「iTunes」も

英Sophosは、Google Play上で人気ゲーム「ゼルダの伝説」などを装ったAndroid向け偽アプリが出回っているとして注意を呼びかけている。

同社が確認したのは、著名コンテンツと見せかけてユーザーにアプリをインストールさせ、端末上のホーム画面に広告収入を得るためのショートカットアイコンを追加する不正アプリ。

本来、任天堂の家庭用ゲーム機以外のプラットフォームでは提供されていない「ゼルダの伝説」を装ったアプリは、エミュレータとロムイメージを同梱した海賊版。著作権を侵害しており、Google Play上からはすでに削除されている。

そのほか、「ポケットモンスター」「スーパーマリオ」など任天堂の人気キャラクターを悪用した偽アプリのほか、「iTunes」やスマートフォンで人気があるアプリと酷似した不審なアプリなども出回っているという。

同社では、これら不正アプリに対し、セキュリティ対策ソフトでトロイの木馬「Andr/Adop-A」として検出するよう対応。利用者に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止