Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開

日本レジストリサービス(JPRS)は、「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開した。同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、JPドメインの登録管理業務に関する2011年の年次報告書。2004年より毎年公開している。JPドメインは、2011年12月に登録数が125万件を突破している。

2011年1月に実施した「DNSSEC」の導入や中高生を対象とした教材の配布、「都道府県型JPドメイン」の新設をはじめ、同社の国内外における活動状況を取りまとめた。またドメイン登録数やDNS設定率、指定事業者数など統計データを収録している。

(Security NEXT - 2012/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Outlook」の脆弱性、メールプレビューで情報漏洩 - パスワードクラックのおそれも
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信
活発な動きを見せるイランの「Chafer」 - サプライチェーン上流を標的に
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「不正行為の防止・抑制」のためとだます