Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開

日本レジストリサービス(JPRS)は、「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開した。同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、JPドメインの登録管理業務に関する2011年の年次報告書。2004年より毎年公開している。JPドメインは、2011年12月に登録数が125万件を突破している。

2011年1月に実施した「DNSSEC」の導入や中高生を対象とした教材の配布、「都道府県型JPドメイン」の新設をはじめ、同社の国内外における活動状況を取りまとめた。またドメイン登録数やDNS設定率、指定事業者数など統計データを収録している。

(Security NEXT - 2012/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
「我々のシステムは既にセキュリティアップデートを行っている」 - 「偽ヨドバシカメラ」からのメールに注意
「インドネシアからのサインイン検出」と不安煽るAmazonのフィッシング
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起