Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開

日本レジストリサービス(JPRS)は、「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開した。同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、JPドメインの登録管理業務に関する2011年の年次報告書。2004年より毎年公開している。JPドメインは、2011年12月に登録数が125万件を突破している。

2011年1月に実施した「DNSSEC」の導入や中高生を対象とした教材の配布、「都道府県型JPドメイン」の新設をはじめ、同社の国内外における活動状況を取りまとめた。またドメイン登録数やDNS設定率、指定事業者数など統計データを収録している。

(Security NEXT - 2012/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
Apple装うフィッシング再び - 偽サイトはいずれもHTTPS対応
「セキュリティ質問」まで奪う「偽Apple」 - 1週間で2500件超の偽メールを観測
迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan
韓NetSarang製サーバ管理ツールのアップデートにバックドア - 「PlugX」との類似点も