Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む書類が公用車ごと盗まれ一時紛失 - 下関市

山口県下関市は、公用車の盗難に遭い、個人情報が記載された書類を一時紛失したことを公表した。車両は約40分後に発見され、書類もすべて回収したという。

3月12日、本庁地域包括支援センターの職員が関係者宅で約10分ほど打ち合わせをしていた間に公用車を盗まれたもの。車はエンジンをかけたまま施錠しておらず、書類は助手席に置いたままだったという。

被害に遭った書類は、施設利用者の個人ファイルや担当者一覧表で、利用者の氏名、住所、電話番号、被保険者番号、主治医とその電話番号、介護度など個人情報53件が記載されていた。

車両は約40分後に別の場所で発見され、書類もすべて回収した。同市では再発を防止するため、個人情報が記載された書類は車内から持ち出し、施錠することを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2012/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院