Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、既存ファイアウォール向けに標的型攻撃対策サービス

アズジェントは、標的型攻撃の対策サービスとして「脅威情報リストサービス」を提供開始した。

同サービスは、標的型攻撃で利用される外部C&Cサーバの情報を収集した「脅威情報リスト」と、リストをダウンロードしてファイアウォールのルールへ自動的に反映するプログラムを提供するもの。

リストに追加された外部サーバへの接続を、既存ファイアウォールを利用して防ぐことが可能で、機密情報漏洩の防止などに活用できる。

サービス開始当初は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのゲートウェイ製品に対応。今後対応製品を拡充していく予定。価格は48万円。発売後1年間に150件の販売を目標に展開する。

(Security NEXT - 2012/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ