Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「情報セキュリティ月間」に大規模サイバー攻撃を想定した訓練を実施

2月は、政府が情報セキュリティの普及啓発強化のために定めた「情報セキュリティ月間」。今年度は啓発活動や関連イベントのほか、大規模サイバー攻撃に備えた訓練が予定されている。

2011年度の取り組みでは、「国民を守る情報セキュリティサイト」で情報を発信して啓発活動を展開するほか、「Twitter」を活用し、関連行事や取り組みに関する情報を提供する。

さらに政府インターネットテレビで番組を配信し、セキュリティの重要性や具体的な対策について紹介するほか、ポスターやステッカーの配布を行う予定。また全国で講演会や関連行事の開催が予定されている。

2月2日には、キックオフイベント「国民を守る情報セキュリティシンポジウム」や政府機関を対象とした勉強会を開催し、標的型攻撃の顕在化など脅威の動向や官民連携の在り方について取り上げる。

また政府では、大規模なサイバー攻撃を受けた場合に、政府や関係機関が適切な対応を取れるよう、重要インフラ事業者がサイバー攻撃を受けたことを想定した訓練を期間中に実施する予定。

(Security NEXT - 2012/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布