Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニ会員サイトが不正アクセスで改ざん被害 - 個人情報流出の可能性も

スクウェア・エニックスは、同社が運営する会員向けサイト「スクウェア・エニックスメンバーズ」が不正アクセスを受けたとして、公開を一時停止した。

同サイトに対して外部から不正アクセスがあり、同社が改ざんされた痕跡を確認したもので、12月13日13時にサイトを一時停止した。

個人情報データベースに対しても不正アクセスを受けたおそれがあるが、同社によれば、保有する個人情報にクレジットカード情報は含まれていないという。

同社では、改ざんなど被害の詳細について調査を進めている。また被害の調査やセキュリティ対策を実施するため、復旧には数日間かかるとしている。

(Security NEXT - 2011/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性