Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含む書類をタクシーに置き忘れて紛失 - 横浜市立大付属医療センター

横浜市立大学付属市民総合医療センターの職員が、患者情報を含む書類をタクシーの車内に置き忘れ、紛失したことがわかった。

所在がわからなくなっているのは、医療ソーシャルワーカーの対応状況を記載した書類。患者49人の氏名と年齢が記載されていた。

職員が資料作成のため、自宅に同書類を持ち帰ったが、11月25日に出勤する際、タクシーの車内で料金支払時に鞄から取り出し、そのまま置き忘れたという。

紛失から1時間後、書類をなくしたことに気付き、市内や近郊のタクシー会社90社に拾得物について問い合わせ、警察にも届けたが、見つかっていない。

同センターでは、個人情報が含まれる書類の持ち出しを原則禁止していたが、規則が守られていなかったとして、指導を強化する。

(Security NEXT - 2011/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大
元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン
子会社の元従業員が顧客情報を持ち出し、すでに回収済み - DMG森精機
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社