Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「違法販売サイト」に注意、商品送らず個人情報狙うサイトも

偽ブランド品や医薬品の個人輸入斡旋サイトなどで、個人情報を詐取されるケースがあるとして、セキュアブレインが注意を呼びかけている。

同社は、攻撃の多様化により個人情報が流出する事件が発生していると指摘し、最近の傾向を「フィッシング詐欺サイト」「APT」「スマートフォン」「違法販売サイト」の4種類に分類。

なかでも、一見偽ブランド品の販売や、医薬品の個人輸入について斡旋を行うサイトと見せかけつつ、実体は存在せずに情報詐取を目的としたサイトも存在するという。注文したが商品が届かず、個人情報やクレジットカード情報が騙し取られたケースが同社に報告されている。

また相次いでいる大手銀行を狙った「フィッシング詐欺サイト」や、特定の組織や個人を狙った標的型攻撃などの「APT」のほか、スマートフォンやタブレットの利用などについても、攻撃対象のプラットフォームが多様化しており、不正サイトやマルウェアが確認されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中