Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「違法販売サイト」に注意、商品送らず個人情報狙うサイトも

偽ブランド品や医薬品の個人輸入斡旋サイトなどで、個人情報を詐取されるケースがあるとして、セキュアブレインが注意を呼びかけている。

同社は、攻撃の多様化により個人情報が流出する事件が発生していると指摘し、最近の傾向を「フィッシング詐欺サイト」「APT」「スマートフォン」「違法販売サイト」の4種類に分類。

なかでも、一見偽ブランド品の販売や、医薬品の個人輸入について斡旋を行うサイトと見せかけつつ、実体は存在せずに情報詐取を目的としたサイトも存在するという。注文したが商品が届かず、個人情報やクレジットカード情報が騙し取られたケースが同社に報告されている。

また相次いでいる大手銀行を狙った「フィッシング詐欺サイト」や、特定の組織や個人を狙った標的型攻撃などの「APT」のほか、スマートフォンやタブレットの利用などについても、攻撃対象のプラットフォームが多様化しており、不正サイトやマルウェアが確認されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも
ペット好き狙う詐欺サイト - メモリアルグッズ販売を偽う