Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「違法販売サイト」に注意、商品送らず個人情報狙うサイトも

偽ブランド品や医薬品の個人輸入斡旋サイトなどで、個人情報を詐取されるケースがあるとして、セキュアブレインが注意を呼びかけている。

同社は、攻撃の多様化により個人情報が流出する事件が発生していると指摘し、最近の傾向を「フィッシング詐欺サイト」「APT」「スマートフォン」「違法販売サイト」の4種類に分類。

なかでも、一見偽ブランド品の販売や、医薬品の個人輸入について斡旋を行うサイトと見せかけつつ、実体は存在せずに情報詐取を目的としたサイトも存在するという。注文したが商品が届かず、個人情報やクレジットカード情報が騙し取られたケースが同社に報告されている。

また相次いでいる大手銀行を狙った「フィッシング詐欺サイト」や、特定の組織や個人を狙った標的型攻撃などの「APT」のほか、スマートフォンやタブレットの利用などについても、攻撃対象のプラットフォームが多様化しており、不正サイトやマルウェアが確認されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も