Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英Sophos、パスワードロック時にも操作できる「Siri」の問題を指摘

英Sophosは、パスワードロックされた「iPhone 4S」が第三者により操作できるセキュリティ上の問題を指摘している。

Appleでは、10月14日より最新スマートフォン「iPhone 4S」を発売し、すでに全世界で出荷台数が400万台を超えたが、同端末よりあらたに搭載している音声アシスタント機能「Siri」のデフォルト設定にセキュリティ上の問題があるという。

SophosのシニアテクノロジーコンサルタントであるGraham Cluley氏によれば、ロックした場合も、「Siri」の利用を許可するよう工場出荷時に設定されており、端末にパスワードを設定してロックしただけでは、第三者により音声操作が行われる可能性があるという。

「設定アプリ」にある「一般」の「パスコードロック」画面より、同機能をロック時に利用できないよう設定を変更することで、同問題は回避できる。

(Security NEXT - 2011/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査