Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、標語ポスターコンクールの受賞作品を発表 - 小学生が2年連続で大賞受賞

情報処理推進機構(IPA)は、「第7回IPA情報セキュリティ標語・ポスターコンクール」の受賞作品を発表した。

同コンクールは、情報セキュリティの啓発を目的として、小中高生を対象に実施しているイベント。2011年は7月1日から9月9日まで募集し、標語1万353点、ポスター950点、4コマ漫画109点の作品が寄せられた。また今回より学校賞が新設されている。

標語部門の大賞は、新潟市立万代長嶺小学校の坂井敏法さんによる作品「セキュリティ ぼくと世界の かけ橋だ」が受賞。

坂井さんは、2010年に続き2年連続で大賞に輝く快挙。第3回でラック賞、第5回でトレンドマイクロ賞を受賞しており、同コンクールの常連となっている。ポスター部門の大賞は、東京都足立区立扇中学校の井口理紗さん。

標語、ポスター部門でそれぞれ大賞を含む25点、4コマ漫画3点、学校賞3校が入賞した。10月27日に明治記念館で開催する「IPAフォーラム2011」で授賞式が行われる予定。

(Security NEXT - 2011/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
安心安全なネット利用に役立つ手記コンクール - 受賞作品を発表
若年層向け啓発コンクールの受賞作品が決定 - あらたに文科大臣賞も
学生向けセキュリティコンクールの受賞候補作品を公開 - 意見を募集
「第25回まんが甲子園」、2016年テーマに「情報流出」
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
IPA若年層向け情報啓発コンクールの受賞作品を決定 - 応募作品は過去最多の3万3335点
IPA、若年層向け啓発コンクールの作品募集をスタート - 2014年は「硬筆」も
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞