Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、サイト安全評価ソフトの最新版を発売 - Google Chromeに対応

マカフィーは、ウェブサイトの安全性を評価するコンシューマー向けソフトの最新版「マカフィーサイトアドバイザーライブ」のダウンロード販売を開始した。

110831ma_01.jpg

同製品は、ウェブサイトの検索や閲覧時に安全性をチェックし、評価結果を表示するWindows向けソフトウェア。フィッシング対策機能や安全検索ボックス機能を用意している。

無料で利用できる「マカフィーサイトアドバイザー」の上位版にあたる製品で、従来は「サイトアドバイザプラス」として販売されていたが、バージョン3.3以降「サイトアドバイザーライブ」に名称が変更された。

同製品では、パスワードを設定することで危険なサイトへのアクセスを遮断できる「保護モード」をはじめ、「ダウンロード保護」「優先検索機能」などを利用できる。

さらにメールやメッセンジャーに掲載されたリンクを評価する「リンクチェッカー機能」や、サイトの安全性を確認したうえで短縮URLを作成する「セキュア短縮URL機能」を搭載している。

また最新版では従来の「Internet Explorer」と「Firefox」にくわえ、あらたに「Google Chrome」に対応した。価格は、1ライセンス1年版が2480円。3ライセンス1年版が4980円。

(Security NEXT - 2011/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用