Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第2四半期のモバイルマルウェア、6割強がAndroid狙い - マカフィー調査

2011年第2四半期に発見されたモバイルマルウェアのうち、Androidを攻撃対象としたマルウェアが63%を占めた。攻撃対象がAndroidに移行しており、今後も同様の傾向が高まると同社では予想している。

110830ma_01.jpg

マカフィーが発表した2011年第2四半期の脅威レポートによれば、同四半期にあらたに発見されたモバイルマルウェアは70件。Androidを標的としたものは前四半期から76%増となり44件。2位は「Java Micro Eition」で14件(20%)、3位はSymbianで5件(7%)と続いた。

アプリケーションを改ざんして配布する方法が目立っている。カレンダーアプリとして配布されていた「Android/Jmsonez.A」は、2011年1月以降のカレンダーを表示しようとすると、高額のSMSが送信される。

またAESで暗号化されていた「Android/DroidKungFu」が発生。同マルウェアは、OSの脆弱性を利用してroot権限を奪い、ほかの悪質なソフトウェアや更新をインストールする。

このほか、高額のSMSを送信するトロイの木馬である「Android/Tcent.A」や「Android/Crusewin.A」「Android/J.SMSHider.A」なども確認されている。

モバイルマルウェアは年々増加傾向にあり、脆弱性を利用しボットネットの機能も組み込まれるなど、PCに対する脅威と変わらぬ機能を持つものが多いと指摘。モバイル端末におけるセキュリティ対策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件