Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井物産セキュア、ゲームや動画などRIAの脆弱性を診断する新サービス

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、独自プロトコルによるリッチコンテンツを利用したウェブサービスを展開する企業向けに脆弱性診断サービスを提供する。

今回同社が開始した「独自プロトコルを利用したRIA診断サービス」は、動画、オンラインゲーム、アバターなど、「ADOBE Flash」や「Java Applet」「Ajax」を利用したリッチインターネットアプリケーション(RIA)を提供するウェブサイト向けの脆弱性診断サービス。

RIAでは、リアルタイム性の高いデータを別プロトコルで送受信していることから、同社では組み込み系機器のプロトコル解析の技術を活用。従来のウェブアプリの診断にくわえ、アプリケーション特性をふまえた上で脆弱性診断を提供する。

(Security NEXT - 2011/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
EC-CUBEに特化したセキュリティ診断サービス - HASHコンサル
ウェブレッジ、IoTシステムに特化した脆弱性診断サービス
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
NTTデータウェーブ、スマホ向けアプリの脆弱性診断サービス