Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BSA、ソフトの不正利用防止に向けた無料のeラーニングサービスを公開

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、ソフトウェアの著作権侵害を防止するための知識が学べる「BSA社内研修用eラーニングサービス」の無料提供を開始した。

同サービスは、ソフトウェアの正規ライセンス利用の重要性や、不正利用における企業リスクなどを学ぶ社内研修用のプログラムを提供するもの。

組織の経営者およびソフト管理者向けに構成された「トップマネジメントのためのソフトウェア・コンプライアンス入門」と、全ユーザー向けの「いまさら聞けないソフトウェア・ライセンス入門」の2コースを用意した。

いずれのコースも所要時間は50分程度。対談形式のコンテンツを読み、各章末にあるテストに回答することで学習できる。利用には受講管理者の登録が必要。登録の必要がない「公開版」は、すでに提供されている。

(Security NEXT - 2011/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用