Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、メール誤送信対策製品に添付ファイルチェック機能を追加

NTTソフトウェアは、メールの誤送信対策ソリューション「CipherCraft/Mail」の最新版を販売開始した。

CipherCraft/Mail
利用イメージ(図:NTTソフトウェア)

同製品は、メール誤送信防止機能やメール暗号化機能、一時保留機能など必要に応じて導入できるメールセキュリティソリューション。クライアントPCにインストールする「クライアントタイプ」と、プロキシサーバとして動作する「サーバタイプ」を用意している。

最新版では、事前にキーワードを設定し、メールの添付ファイル内に含まれていないか確認する「添付ファイル内検索機能」を両タイプのオプションとして追加した。

同オプションでは、メールに添付された「Officeファイル」と「PDFファイル」の全文を検索。キーワードが見つかった場合、再確認を促す警告画面を表示、再度確認を行って送信することができる。

(Security NEXT - 2011/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
NEC、メール製品に添付ファイルのPDF化機能など提供
デジタルアーツ、アーカイブメール向けにマイナンバー検出機能