Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売

ネットワールドは、生産ラインの制御システムなどインターネットへ接続していないクローズドネットワーク向けに、セキュリティパッケージ「セキュア工場パック」の提供を開始した。

「セキュア工場パック」導入イメージ
「セキュア工場パック」導入イメージ(図:ネットワールド)

同パッケージは、韓ハンドリームネットのセキュリティスイッチ「SGシリーズ」とトレンドマイクロのUSBメモリ型セキュリティ対策ソフト「Trend Micro Portable Security」を組み合わせたセキュリティソリューション。

セキュリティスイッチにより、不正トラフィックを検知して感染端末をネットワークから遮断することが可能で、さらにUSBメモリ型ツールを利用し、ウイルスを駆除できる。

同社では、既存のネットワーク構成を変更する必要がないため、従来の検疫ネットワークなどに比べ導入しやすく、コストも抑えられるとしている。

同社では、同社や販売パートナーを通じて製品を提供し、今後1年間に200社の導入を目標に販売を展開していく。トライアル導入のための貸し出しについても実施する。

(Security NEXT - 2011/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
NECプラットフォームズの遠隔監視制御システムに脆弱性
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に