Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BINDに深刻度「高」の脆弱性 - 不正パケットでサービス停止のおそれ

DNSサーバ「BIND」にサービス停止の脆弱性が存在しているとして、Internet Systems Consortium(ISC)をはじめ、関係機関が注意を呼びかけている。

110707is1.jpg
深刻度「高」としてISCが注意喚起

BINDが、細工したパケットを受信することで異常終了する脆弱性「CVE-2011-2464」が判明したもの。権威サーバ、キャッシュサーバいずれも影響があり、サービス停止の障害を引き起こす可能性がある。

脆弱性が含まれているのは、「BIND 9.8.x」「同9.7.x」「同9.6.x」。ISCでは、現時点で脆弱性を悪用するツールなどを確認していない。設定による回避策はなく、アップグレードを推奨している。

また「BIND 9.8.x」の一部バージョンには、RPZ機能に脆弱性「CVE-2011-2465」が含まれていることも明らかになっている。

ISCをはじめ、日本レジストリサービス、情報処理推進機構(IPA)をはじめとするセキュリティ関連機関、Linuxディストリビューターなど注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正