Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の個人情報を2年半前に紛失、匿名の投書で発覚 - 横浜市

横浜市立矢部小学校の教師が、児童の個人情報含むUSBメモリを2008年9月に紛失していたことが匿名の投書により判明した。同校では、教育委員会へ報告していなかった。

紛失したのは個人所有のUSBメモリで、3クラス分の児童名簿や1クラスの半数の児童に関する評価資料などが保存されていた。2008年9月24日、校内のPCでUSBメモリを使用したが、一時離席際に見当たらなくなったという。

校長は校内での紛失で外部流出はないと判断し、教育委員会へ報告をしなかったが、匿名の投書がきっかけで紛失が発覚した。

同市教育委員会では事実確認や聞き取り調査などを実施。同校では、校長が対象となる児童の保護者へ電話による説明と謝罪を行っている。また全家庭に対して書いて訪問を実施する予定。

(Security NEXT - 2011/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院