Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、Android端末の脆弱性を調査 - 判明から半年後でも約8割の端末に脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は、Android搭載端末における脆弱性の対策状況について調査を実施し、結果をレポートとして公表した。

Android端末は、ソフトウェアをインストールできるなど自由度が高く、利用者が拡大していることから、3月に国内で流通している14機種について脆弱性2件を独自に調査したもの。2010年8月に発覚した脆弱性などを悪用するマルウェア「Droid Dream」の一部を用いた。

調査を実施した3月の時点で、Androidそのものは脆弱性を解消していたものの、14機種中11機種に脆弱性が存在していた。さらに3カ月経過した6月に入っても2機種が脆弱性を解消できていなかった。

脆弱性対策に時間を要するこうした状況について同機構は、端末が独自に仕様を追加していることが原因と指摘。脆弱性の影響を把握しにくいことや、情報の少なさなど課題も多いという。

同機構は、個々メーカーによる対策ではなく、メーカーやセキュリティベンダーなどが情報を共有する重要性を訴えており、今後も関係者との情報交換や、独自検査の実施など、対応を検討していきたいとしている。

(Security NEXT - 2011/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止