Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1年以上前に解消された脆弱性を狙う攻撃が活発 - G Dataが報告

脆弱性を解消するアップデートが提供されているにも関わらず、脆弱性を放置し、マルウェア感染に陥るユーザーが多いとして、G Data Softwareが注意を呼びかけている。

同社が5月のマルウェア動向を分析したところ、アップデートの対応を怠ったことによるマルウェアの感染事例を多数発見。またこうした古い脆弱性を狙うマルウェアの攻撃が増えているという。

活動が盛んだったマルウェアの上位10種を見ると、「Java.Trojan.Downloader.OpenConnection.AO」をはじめ4種が、1年以上前からアップデートが提供されているJavaの脆弱性「CVE-2010-0840」を狙ったものだった。

ソフトウェアを提供するベンダーのウェブページなどでアップデータなどは提供されており、同社では、Javaに限らず、OSやソフトウェアなど最新版へアップデートするよう呼びかけている。

同社が5月に観測したマルウェアの上位10種は以下のとおり。

1位:Java.Trojan.Downloader.OpenConnection.AO
2位:Trojan.Wimad.Gen.1
3位:Gen:Variant.Adware.Hotbar.1
4位:Worm.Autorun.VHG
5位:Java.Trojan.Downloader.OpenConnection.AI
6位:Trojan.AutorunINF.Gen
7位:Java.Trojan.Downloader.OpenConnection.AN
8位:Java:Agent-DU [Expl]
9位:Trojan.FakeAlert.CJM
10位:HTML:Downloader-AU [Expl]

(Security NEXT - 2011/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減