Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター旧バージョンの暗号化機能に脆弱性

トレンドマイクロのセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2009」の一部機能に脆弱性が判明した。サポート期間中であるウイルスバスター2010以降のバージョンは影響を受けないという。

ウイルスバスター2009に付属する「Trendツールバー」の「キー入力暗号化機能」でパスワード入力の一部が暗号化されていないことが判明したもの。「同2010」以降では影響を受けない。

トレンドマイクロでは、「ウイルスバスター2009」は、2010年12月末にサポートを終了していることから、修正は行わない方針。同社では、利用者に対して最新版へのアップデートを呼びかけている。

「JVN」によれば、今回の脆弱性は、NTTデータ・セキュリティの辻伸弘氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERT/CCが調整した。

(Security NEXT - 2011/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性