Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公文書の紛失や誤送付など51件、監査で判明 - 広島県

広島県は、個人情報など含む文書の県機関における管理実態について監査を実施した。文書の紛失や誤送付、誤廃棄など51件の不適切な取り扱いがあったという。

監査委員が、地方自治法に基づき、県の全機関を対象に公文書の取り扱いに関する調査を実施したもの。結果によると、2008年4月から2011年1月の間に51件の不適切な取り扱いがあったことが判明した。

最も多かったのは「紛失」の33件で、「誤発送など情報流出」が7件、「放置」3件と続く。このほか、「無許可持ち出し」や「置き忘れ」「誤廃棄」なども発生している。

機関別に見ると、最も多かったのは教育委員会で27件だった。知事部局15件、警察本部9件と続いている。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
ライセンス監査受けた企業の6割で追加請求 - ガートナー調査
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県