Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公文書の紛失や誤送付など51件、監査で判明 - 広島県

広島県は、個人情報など含む文書の県機関における管理実態について監査を実施した。文書の紛失や誤送付、誤廃棄など51件の不適切な取り扱いがあったという。

監査委員が、地方自治法に基づき、県の全機関を対象に公文書の取り扱いに関する調査を実施したもの。結果によると、2008年4月から2011年1月の間に51件の不適切な取り扱いがあったことが判明した。

最も多かったのは「紛失」の33件で、「誤発送など情報流出」が7件、「放置」3件と続く。このほか、「無許可持ち出し」や「置き忘れ」「誤廃棄」なども発生している。

機関別に見ると、最も多かったのは教育委員会で27件だった。知事部局15件、警察本部9件と続いている。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
IPA、「情報セキュリティサービス基準」リストを更新 - 新登録45社
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
IPA、春期登録セキスペ試験など中止 - 新型コロナ影響で
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化