Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの課題を共有する日系中国進出企業の連絡会が上海で発足

上海ラック、トレンドマイクロ、KDDI上海、上海凱訊らは、「中国情報セキュリティ連絡会(上海)」を発足した。すでに40社が参加しており、追加会員を募集している。

同連絡会は、中国へ進出する日系企業で情報セキュリティに関する課題を共有し、セキュリティの強化を目指す団体。定期セミナーや分科会などを開催するほか、ワールドワイドや中国のセキュリティトピックを定期的に配信する。

現在40社が参加しているが、新規募集として80社を募集しており、申し込みは事務局でメールにて受け付ける。2011年1月末日まで募集しているが、定員になり次第締め切りとなる。今後は上海や北京、大連など他地域の連絡会についても発足する予定。

(Security NEXT - 2010/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力