Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの課題を共有する日系中国進出企業の連絡会が上海で発足

上海ラック、トレンドマイクロ、KDDI上海、上海凱訊らは、「中国情報セキュリティ連絡会(上海)」を発足した。すでに40社が参加しており、追加会員を募集している。

同連絡会は、中国へ進出する日系企業で情報セキュリティに関する課題を共有し、セキュリティの強化を目指す団体。定期セミナーや分科会などを開催するほか、ワールドワイドや中国のセキュリティトピックを定期的に配信する。

現在40社が参加しているが、新規募集として80社を募集しており、申し込みは事務局でメールにて受け付ける。2011年1月末日まで募集しているが、定員になり次第締め切りとなる。今後は上海や北京、大連など他地域の連絡会についても発足する予定。

(Security NEXT - 2010/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから