Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドットコムサイトの3割が危険 - 「Gumbler」で悪用目立った「.ru」は1割

ウェブサイトで利用されるドメインのうち、「.com」がもっとも悪用される割合が高いことがわかった。マカフィーが、2700万以上のウェブサイトについて調査を行い、ドメインごとに危険性をまとめ、判明したもの。

同社調査によれば、ウェブサイト全体では、6.2%が危険なサイトで、前年調査の5.8%を上回った。トップレベルドメインを見ると、危険なサイトの割合が高かったのが「.com」ドメインで、31.3%にのぼる。また「.info」についても30.7%と僅差だった。

一方国別ドメインを見ると、前回調査で39位だったベトナムの「.vn」がもっとも不正サイトの割合が多い国別ドメインに浮上、29.4%が危険なウェブサイトだった。トップレベルドメインを含めても3番目だった。

前回首位のカメルーンは、36.7%から22.2%へと改善したものの、2番目に危険サイトの割合が高かった。アルメニアの「.am」12.1% ココス諸島「.cc」が10.5%が続いている。Gumbler攻撃などで用いられたロシア「.ru」は前年から5.5ポイント増加し10.1%で5位だった。

(Security NEXT - 2010/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準