Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドットコムサイトの3割が危険 - 「Gumbler」で悪用目立った「.ru」は1割

ウェブサイトで利用されるドメインのうち、「.com」がもっとも悪用される割合が高いことがわかった。マカフィーが、2700万以上のウェブサイトについて調査を行い、ドメインごとに危険性をまとめ、判明したもの。

同社調査によれば、ウェブサイト全体では、6.2%が危険なサイトで、前年調査の5.8%を上回った。トップレベルドメインを見ると、危険なサイトの割合が高かったのが「.com」ドメインで、31.3%にのぼる。また「.info」についても30.7%と僅差だった。

一方国別ドメインを見ると、前回調査で39位だったベトナムの「.vn」がもっとも不正サイトの割合が多い国別ドメインに浮上、29.4%が危険なウェブサイトだった。トップレベルドメインを含めても3番目だった。

前回首位のカメルーンは、36.7%から22.2%へと改善したものの、2番目に危険サイトの割合が高かった。アルメニアの「.am」12.1% ココス諸島「.cc」が10.5%が続いている。Gumbler攻撃などで用いられたロシア「.ru」は前年から5.5ポイント増加し10.1%で5位だった。

(Security NEXT - 2010/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念