Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSサーバの設定ミスにより「フレッツ光ネクスト」で接続障害

NTT東日本は、「フレッツ光ネクスト」の一部利用者において、10月7日にインターネット接続ができなくなった障害の原因を明らかにした。

問題の障害は、「フレッツ光ネクスト」や企業向けに提供する「フレッツ・VPNゲート」などで、10月7日12時から20時過ぎまで接続できない状況が発生したもの。

同社によれば、DNSサーバのメインテナンスを実施した際の設定ミスが原因で、387件の問い合わせが寄せられたという。

同社では、すでにDNSの設定を修正を終えている。今後は、設定内容のチェック強化や、本運用前に行う動作検証の徹底など、再発防止を進める。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に
JR東日本「えきねっと」のSSL設定に不備 - 一時平文で通信
個人番号カード発行管理システムの障害原因を公表 - 公共団体情報システム機構
LINEで一時障害、メッセージの送受信などに影響