Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインのDNSSEC導入は2011年1月から

日本レジストリサービス(JPRS)は、JPドメインにおけるDNSSECの対応スケジュールを発表した。

DNSSECは、ドメイン名の解決時に電子署名を付加することで、改ざんなどを検知を実現する次世代DNS技術。7月よりルートゾーンへ正式な署名が追加されている。

導入には関係者の連携が不可欠なことから、JPRSでは国内における技術検証の結果を踏まえ、確実かつ円滑な導入をを実現したいとしてスケジュールを決定したという。

10月よりJPゾーンでDNSSECの署名を開始し、2011年1月より署名鍵の登録受け付けを開始、JP DNSで提供を開始する。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
約147万のJPドメイン、「SPF」設定は半数弱 - 「DMARC」は約0.5%