Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインのDNSSEC導入は2011年1月から

日本レジストリサービス(JPRS)は、JPドメインにおけるDNSSECの対応スケジュールを発表した。

DNSSECは、ドメイン名の解決時に電子署名を付加することで、改ざんなどを検知を実現する次世代DNS技術。7月よりルートゾーンへ正式な署名が追加されている。

導入には関係者の連携が不可欠なことから、JPRSでは国内における技術検証の結果を踏まえ、確実かつ円滑な導入をを実現したいとしてスケジュールを決定したという。

10月よりJPゾーンでDNSSECの署名を開始し、2011年1月より署名鍵の登録受け付けを開始、JP DNSで提供を開始する。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
2016年4QのDDoS攻撃は16%減 - 100Gbps超は12件
2016年3QのDDoS攻撃、前四半期比71%増 - 100Gbps超は19件
IIJ、新ブランドでセキュリティ事業を強化 - 1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスも
5月下旬よりTCP23番ポート宛のパケットが急増 - 発信元は防犯カメラか
少なくとも100組織が「DNS水責め攻撃」の踏み台に
RMT狙いのマルウェア新種2種が上位にランクイン - フォーティネット調査
2015年4QのDDoS攻撃は約4割増 - 188回攻撃を受けた組織も