Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岐阜県内の駅でクレジットカード売上票の紛失が判明 - JR東海

JR東海は、高山本線飛騨萩原駅において、駅窓口で利用があったクレジットカードの売上票が、所在不明になっていることを明らかにした。

紛失したのは、岐阜県下呂市の飛騨萩原駅窓口において、4月に取り扱ったクレジットカードの売上票54枚。カード利用者の署名やカード会社の略称、下三桁を除くカード番号のほか、取引内容など45人分の顧客情報が含まれていた。

5月1日に駅で保管されているのが確認されたのを最後に、所在がわからなくなっているという。駅構内で紛失したと見られているが、見つかっていない。紛失した情報の不正利用など二次被害については、確認されていないという。

同社では、窓口を設置して利用者からの問い合わせに対応するほか、必要な場合にはカード会社と連携して対応するとしている。

(Security NEXT - 2010/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる