Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岐阜県内の駅でクレジットカード売上票の紛失が判明 - JR東海

JR東海は、高山本線飛騨萩原駅において、駅窓口で利用があったクレジットカードの売上票が、所在不明になっていることを明らかにした。

紛失したのは、岐阜県下呂市の飛騨萩原駅窓口において、4月に取り扱ったクレジットカードの売上票54枚。カード利用者の署名やカード会社の略称、下三桁を除くカード番号のほか、取引内容など45人分の顧客情報が含まれていた。

5月1日に駅で保管されているのが確認されたのを最後に、所在がわからなくなっているという。駅構内で紛失したと見られているが、見つかっていない。紛失した情報の不正利用など二次被害については、確認されていないという。

同社では、窓口を設置して利用者からの問い合わせに対応するほか、必要な場合にはカード会社と連携して対応するとしている。

(Security NEXT - 2010/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
聖教新聞の通販サイト、クレカ情報流出の可能性 - 詳細は調査中
元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども