Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボット収集数が大きく減少、未知検体数は前月と同水準 - CCCまとめ

サイバークリーンセンター(CCC)は、3月のボット検知状況を取りまとめた。収集数は減少傾向にあるが、海外特定サイトの動きに連動し、収集検体数の一時的な急増があった。

同センターによれば、ハニーポットなどを利用して収集した3月のボット収集総数は11万794件で、2月の15万6263件から目立った減少を見せた。

重複を除く同定検体数についても7748件と、2月の1万3242件から大きく後退している。ウイルス対策ソフトで検知できない未知検体数は357件で、2月の361件とほぼ同水準だった。

収集検体数は減少傾向にあり、特に国内からの収集数が大幅に減少している。これはシステム変更に伴うハニーポットの台数減少の影響によるという。海外特定サイトの大量配布が原因とみられる既知検体の一時的な急増が上旬と中旬に観測された。

(Security NEXT - 2010/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も