Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「解読」「漏洩」「詐取」からパスワードを守る方法 - IPAが対策呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、IDやパスワードの不正利用が目立っているとして、インターネット利用者へパスワードの管理徹底を呼びかけている。

同機構は、「ID」や「パスワード」が悪用されるおもな原因として、「単純なパスワード」「ウイルスよる漏洩」「フィッシングによる詐取」「ソーシャルエンジニアリングによる盗難」の4つを挙げている。

さらに「パスワード」とともに利用される「ID」は、あらかじめ連番で割り振られていたり、メールアドレスが利用されているなど、外部利用者が推測可能なケースも少なくないため、パスワード管理に不備がある場合、被害に遭う可能性があると指摘する。

パスワードを悪用から守る対策として、解読されないよう名前や単語を避け、英字や数字、記号などを組み合わせ、8文字以上に設定することを推奨。また危険が高まるとしてパスワードを使い回したり、長期間利用し続けることを避けるようアドバイスしている。

フィッシングやソーシャルエンジニアリングによる漏洩やウイルス感染のほか、不特定多数が利用するパソコンにはウイルスが仕掛けれていることがあり、外部へ漏洩する可能性があるとしてIDやパスワードの入力を避けるよう勧めている。

より安全な利用には、ログイン履歴の確認やワンタイムパスワードによる認証など、事業者が提供する付加サービスを活用することも有効としている。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も