Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新規ID登録希望者が他人の登録済みIDでログインできる不具合 - ヤフー

大手ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」において、他利用者のIDでログインができる状態が発生した。原因はプログラムミスだという。

ヤフーによれば問題の現象は、新規利用者がすでに登録済みのIDをあらたに登録しようと試みた場合に発生したもの。その際にIDの取得に失敗するが、「Yahoo! JAPAN」の新規ID登録処理を行うプログラムの不具合が原因でログインした状態となり、他利用者IDで「Yahoo!メール」や利用履歴の表示など一部サービスを利用できる状態になったという。

今回の不具合は、12月15日14時から同月20日昼ごろまで発生。同月29日まであわせて939件のIDに影響が出た。そのうち43件についてメールフォルダへアクセスが発生し、通信の秘密に抵触した可能性があるとして、同社では監督官庁に報告を行ったほか、影響があった利用者へ個別に謝罪を行っている。

同社では今回の不具合について、パスワードの入力によりログイン状態となったものではなく、顧客の個人情報やパスワードについては漏洩していないと説明。またメールの不具合については修正を完了したとしている。

(Security NEXT - 2009/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 防犯カメラ通販サイト
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
ピアノコンクールサイトで申込者の身分証明書など閲覧可能に - 河合楽器