Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ジェイルブレイクしたiPhoneは無防備、正しい知識持って」 - 米Symantecが警告

Symantecは、ジェイルブレイクが行われたiPhoneへ感染する新種ワーム「Ikee」とは別に、iPhoneを対象とした攻撃ツールが出回っており、ユーザーへ注意を呼びかけている。

同社が確認した攻撃ツールは、iPhoneそのものへインストールするものではなく、コンピュータ経由でiPhoneへ攻撃を行うツール。ネットワーク上のジェイルブレイクが行われたiPhoneに対して、デフォルトで設定されているSSHのパスワードを利用してログインを試みるという。

攻撃が成功した場合、内部のデータへ自由にアクセスできるほか、乗っ取られる可能性がある。先に見つかった「Ikee」による攻撃では、壁紙がRick Astleyさんに変更されるなど、ユーザーが感染に気がついたが、話題となっている攻撃では、そのような一見目立つ攻撃は行わない。

同社は、話題となっている攻撃ツールについて、ジェイルブレイクしたiPhoneのバックアップ用に用意された「iPhone SSHスキャナ」などを組み合わせて作成されたものであり、数年前から登場していると指摘。「Ikee」の登場により注目を集めたに過ぎないという。

同社は、ジェイルブレイクされた状態は悪意ある攻撃から無防備な状態であるとして、SSHのパスワードを変更など対策を呼びかけるとともに、古くから判明している脆弱性であり、脆弱性へ正しい認識を持つことが大切であるとして注意を呼びかけている。

シマンテック
http://www.symantec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応