Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ジェイルブレイクしたiPhoneは無防備、正しい知識持って」 - 米Symantecが警告

Symantecは、ジェイルブレイクが行われたiPhoneへ感染する新種ワーム「Ikee」とは別に、iPhoneを対象とした攻撃ツールが出回っており、ユーザーへ注意を呼びかけている。

同社が確認した攻撃ツールは、iPhoneそのものへインストールするものではなく、コンピュータ経由でiPhoneへ攻撃を行うツール。ネットワーク上のジェイルブレイクが行われたiPhoneに対して、デフォルトで設定されているSSHのパスワードを利用してログインを試みるという。

攻撃が成功した場合、内部のデータへ自由にアクセスできるほか、乗っ取られる可能性がある。先に見つかった「Ikee」による攻撃では、壁紙がRick Astleyさんに変更されるなど、ユーザーが感染に気がついたが、話題となっている攻撃では、そのような一見目立つ攻撃は行わない。

同社は、話題となっている攻撃ツールについて、ジェイルブレイクしたiPhoneのバックアップ用に用意された「iPhone SSHスキャナ」などを組み合わせて作成されたものであり、数年前から登場していると指摘。「Ikee」の登場により注目を集めたに過ぎないという。

同社は、ジェイルブレイクされた状態は悪意ある攻撃から無防備な状態であるとして、SSHのパスワードを変更など対策を呼びかけるとともに、古くから判明している脆弱性であり、脆弱性へ正しい認識を持つことが大切であるとして注意を呼びかけている。

シマンテック
http://www.symantec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市