Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DBをカラム単位で暗号化する「Protegrity DPS」 - MONET

MONETは、データベースをカラム単位で暗号化するソフト「Protegrity DPS」を、10月1日より販売開始する。

同製品は、米Protegrityが開発したマルチデータベース対応のデータベース暗号化ソフト。カラム単位の暗号化に対応しており、データの閲覧や更新、削除などをユーザーやグループ単位で制御できる。

また、統合管理システム「Security Manager」により、ポリシーの一元管理とアクセス監査を実現。OracleやMSSQL、DB2、Infomix、Sybase、Teradataなど複数のデータベースにも対応しており、既存のデータベースについても設計を変更せずに導入できる。

(Security NEXT - 2009/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化