Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有害情報配信IPは前月比1.5倍となる12億 - トレンドマイクロ調査

トレンドマイクロは、同社が観測したスパムの流通状況を取りまとめ、スパム配信国ランキングを発表した。

6月は、ブラジルと米国が前月同様1位と2位で変わらず。3位には7位からランクアップを果たした韓国が入った。また10位圏外から5位へインドが大きな伸びを見せている。先月上位だったトルコとロシアは、それぞれ6位、8位へと後退した。

また同社が「SecureCloud」にて調査した「有害送信元IP」の統計では、約12億のIPより有害情報が送信されており、前月から約1.5倍と急増している。

スパムは、話題性がある事故や訃報などに便乗する手口が依然として発生しており、エールフランス機の事故やマイケルジャクソンさん、ファラフォーセットさんの訃報などを悪用するメールが見つかっている。

同社がまとめたスパム配信国トップ10は以下のとおり。

1位:ブラジル
2位:米国
3位:韓国
4位:ポーランド
5位:インド
6位:トルコ
7位:アルゼンチン
8位:ロシア
9位:コロンビア
10位:Unknown

(Security NEXT - 2009/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
「応答ない場合はアカウントをロック」、偽Amazonのフィッシングに注意