Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要度「最高」の脆弱性1件を修正した「Firefox 3.0.10」が公開

Mozillaは、重要度が「最高」の脆弱性1件を修正した「Firefox 3.0.10」を公開した。

メモリ破壊が発生する脆弱性「MFSA 2009-23」へ対応したもの。同脆弱性は、4段階中もっとも重要度が高い「最高」と設定されている。

Mozillaによれば、4月21日に公開された「Firefox 3.0.9」の修正において、「HTML Validatorアドオン」の利用者をはじめ、一部ユーザーで頻繁にクラッシュする不具合が発生。調査の結果問題を特定したという。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区