Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムによる1年分のCO2排出量、乗用車地球160万周分と同等

スパムが、企業や組織の業務効率低下やセキュリティ上の脅威だけでなく、二酸化炭素の排出に対しても大きな影響を与えていることが、米McAfeeの研究レポートにより判明した。

同社のレポートによれば、スパムの送信、処理、フィルタリングに使われる世界の年間エネルギー消費量は33TW時にのぼる結果となった。これは240万世帯が使用する電力や、310万台の乗用車で75億リットルのガソリンを消費するのに匹敵するという。

スパムメール1通により排出される二酸化炭素は0.3gで、車が約1m走行するのと等しく、1年分のスパム配信量を車の走行に換算すると地球160万周分だった。

スパムにおけるエネルギー消費の80%はエンドユーザーがスパムを削除する際に発生する一方、フィルタリングの消費量は16%と低いと指摘。すべての組織や個人でフィルタリングを活用することにより、年間25TW時、車に換算すると230万台分のエネルギーを削減できると分析している。

またスパムの発信源を絶つ影響も大きいと同社では指摘。スパム配信で問題となっていたISP「McColo」がネットワークから切断され、70%のスパムが減少した際に節約されたエネルギーは1日あたり乗用車220万台分と同等だった。

(Security NEXT - 2009/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート