Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印鑑照合の際に顧客情報紛失が判明 - 浜松信金

浜松信用金庫は、個人情報を含む帳票綴りの紛失を公表した。昨年、職員が紛失に気が付き、その後も見つかっていない。

同金庫蜆塚支店において信用金庫取引約定書等綴りが所在不明となっているもので、2008年12月25日に職員が印鑑照合しようとしたところ、紛失に気が付いたという。

個人取引先8件や法人取引先2件の顧客情報が記載されており、氏名、住所、生年月日など22件の個人情報が含まれていた。同金庫では、関係者に対して謝罪を行っているが、不正利用の報告や不正請求などは受けていないとしている。

浜松信用金庫
http://www.hamamatsu-shinkin.jp/

(Security NEXT - 2009/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意