Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州の暗号技術動向やイスラエルのボット事情などまとめた報告書 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、欧州における暗号技術の動向や、イスラエルにおけるボットやファイル管理といった情報セキュリティ関連の動向をまとめた報告書を公開している。

「欧州における公開鍵暗号基盤(PKI)の移行計画に関する調査」は、欧州諸国におけるPKIの移行計画に関して調査を実施した報告書。また欧州では、「NESSIE」や「ECRYPT」といった暗号に関連したプロジェクトが実施されており、こうした暗号技術に関する振興の背景や今後の動向について「欧州委員会における暗号技術に関わる研究開発動向調査」として取りまとめた。

イスラエルにおけるボットの被害状況や研究結果などを取りまとめた「イスラエルにおけるボットに対する取組み状況調査」や、同国で普及しているファイル保護技術について調べた「ファイル保護技術に関する動向調査」についても公開を開始している。

(Security NEXT - 2009/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
JPCERT/CC、「ランサムウェア特設サイト」開設 - 対策を紹介
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加