Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子文書の取扱を一元管理する文書承認基盤ソフト - 日立ソフト

日立ソフトウェアエンジニアリングは、電子文書の取り扱いを一元管理できるコンテンツ承認基盤ソフト「ContentsGate」を、4月1日より発売する。

同製品は、文書の取り扱いについて管理者が承認し、利用目的に応じたポリシーを付与して一元管理できる文書管理ソリューション。

申請があった文書を、管理者など上長が承認する機能を提供するほか、承認された文書は用途に応じて暗号化やPDF化、ZIP形式などへ自動的に変換、セキュリティ設定を付与できる。また、承認履歴や原本の保管、利用状況の把握など、セキュリティ監査への対応もサポートする。

また他セキュリティ製品との連携第1弾としてメール送信による文書の持ち出しを管理する「ContentsGate for Mail」を提供する。クリアスウィフトのメールフィルタリング製品「MIMEsweeper for SMTP」との連携を実現したもので、承認された文書に限り、メールの送信を許可することが可能となる。

今後は、同社の情報漏洩防止ソリューション「秘文」との連携をはじめ、各種セキュリティ製品との連携を進めるとしている。価格は、ContentsGate Baseが10アカウント付きの1サーバライセンスで367万5000円。ContentsGate for Mailの1サーバ連携ライセンスが、26万2500円となっている。

(Security NEXT - 2009/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立情報。SaaS型文書共有サービスを開始 - 韓FasooのDRM技術を活用
アドビとキヤノンITS、DRMのSaaS型サービスで協業
SaaS型電子文書セキュリティサービスに小規模向けメニューを追加 - BIGLOBE
端末とデータ変換ソフトをセットにした「電子ペーパーソリューション」を発売 - ハイパーギア
不要文書の廃棄促進に対応した文書管理システム - NEC情報システムズ
PFU、定額制のタイムスタンプサービスを提供開始
長期署名に対応したPDF作成ソリューション - NECとスカイコム
電子文書の閲覧や印刷を制御するセキュリティシステム - リコー
NECネクサ、e文書法に対応できる電子文書管理ソリューションを発売
リコー、電子文書の印刷や閲覧を制御するシステムを発売