Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsの脆弱性3件へ対処、深刻度「緊急」は1件 - MS

マイクロソフトは、3月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。今回公開されたパッチは予告通り3件。いずれもWindowsの脆弱性を解消するプログラムで、再起動の必要がある。

深刻度が「緊急」とされる更新プログラムは、「MS09-006」の1件のみ。Windowsカーネルに脆弱性が存在し、細工された「EMFファイル」「WMFファイル」を表示した場合に、リモートでコードが実行される不具合を解消する。

一方「重要」とされている「MS09-007」は、Windowsにおける「SChannel」の脆弱性を解決する。この脆弱性を悪用された場合、攻撃者がエンドユーザーが使用する認証用の証明書が取得され、なりすましが行われる場合がある。

さらに「MS09-008」では、「DNSサーバ」「WINSサーバ」の脆弱性によりなりすましが発生する脆弱性へ対応した。脆弱性に対して攻撃が行われた場合、トラフィックが攻撃者へリダイレクトされるおそれがある。

攻撃コードが30日以内に公開される可能性を示した「悪用可能性指標」については、いずれも3段階中、2番目となる「不安定な悪用コードの可能性」が含まれる。

「MS09-006」では、リモートによるコードの実行ではなく、サービス拒否の可能性があるという。また「MS09-007」については、攻撃に複数の条件が必要となることから攻撃が発生する可能性は低く、「MS09-008」についても検証用コードにとどまり、悪質なコードが作成されるおそれは低いとしている。

2009年3月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-mar.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性