Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯サイト「ママスタジアム」で個人情報が流出する不具合、原因は不正アクセス

PCやモバイル向けのアフィリエイト事業を展開するインタースペースは、携帯電話向けサイト「ママスタジアム」において、他人の個人情報が閲覧できる不具合が発生していたことを明らかにした。

同社によれば、2月15日18時から17日10時の間、同サイトにおいてページ内のリンクをクリックした際、本来の移動先とは異なるページにジャンプする不具合が発生した。

それと関連して、一部会員がマイページにログインした際、ほかの会員のマイページが誤って表示され、メールアドレスが閲覧できる状況が発生したという。会員からの指摘で問題が判明し、同社ではマイページへのログイン機能を停止するなどの措置を講じた。

同社の調査結果によれば、同サイトのサーチ機能へ海外から不正な検索要求が大量に行われたことで、リンク先のページを表示させるためのデータ処理に関するシステムが誤作動し、ページが誤って表示されたという。同社ではアクセス元を特定し、遮断している。

誤表示の正確な件数はわかっていないが、期間中にリンク先と異なるページヘのジャンプ、およびマイページが誤表示された回数を合わせると、最大で255回のシステムエラーが発生していたという。同社ではログイン機能の復旧に向けて、プログラムの検証と安全確認を進めている。

(Security NEXT - 2009/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず