Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策状況の評価サービスを開始 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、情報システムにおけるセキュリティ対策状況について調査し、評価を行う新サービスを開始した。

今回提供を開始した「情報セキュリティ実装・運用評価サービス」は、情報セキュリティの有資格者による実地調査をはじめ、情報システムの管理者、運用者に対するヒアリングなどを実施し、組織内部における情報システムのセキュリティ対策状況について調査するサービス。

ネットワークやサーバの構成や設定、アカウントの管理状況など評価を行うほか、オプションでシステム運用を委託している外部業者やグループ企業の情報システムの評価を行うことも可能。

評価は、「JIS Q 27001」や「PCI DSS」といったフレームワークや実装基準にくわえ、同社が提供している脆弱性診断サービス、情報セキュリティ監査サービスなどを活かした独自の基準を用意した。

評価結果は、経営者向けの報告会用報告書と運用担当者向けの詳細報告書を用意し、報告会を実施する。また調査時に発見した課題については、顧客の状況を踏まえたうえで実現可能な具体的対策案を提示する。

(Security NEXT - 2009/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
NISTフレームワークへ対応したリスク評価サービス - SecureWorks
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業