Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの完全復旧は3月下旬 - JR北海道

JR北海道は、不正アクセスによる改ざん被害の影響で一部停止しているホームページについて、復旧作業の進捗状況を公表した。

同社では、2008年11月27日に発生した不正アクセスによるサイト改ざんで、閲覧者にウイルス感染のおそれがあるとして、翌28日よりウェブサイトの全サービスを停止。復旧作業と安全確認を行っている。

安全が確認されたページより順次再開しているが、「JR北海道予約サービス」や「JR北海道の旅予約サイト」のほか、携帯サイトの「指定席予約」「快速エアポート予約」、グローバルサイトの「北海道レールパス予約」など一部ページは依然として停止している。

同社ではこれらの停止ページについて、3月下旬の再開を目指して復旧作業に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS月例パッチが公開、脆弱性33件を修正 - 一部ですでに悪用も
「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始