Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの完全復旧は3月下旬 - JR北海道

JR北海道は、不正アクセスによる改ざん被害の影響で一部停止しているホームページについて、復旧作業の進捗状況を公表した。

同社では、2008年11月27日に発生した不正アクセスによるサイト改ざんで、閲覧者にウイルス感染のおそれがあるとして、翌28日よりウェブサイトの全サービスを停止。復旧作業と安全確認を行っている。

安全が確認されたページより順次再開しているが、「JR北海道予約サービス」や「JR北海道の旅予約サイト」のほか、携帯サイトの「指定席予約」「快速エアポート予約」、グローバルサイトの「北海道レールパス予約」など一部ページは依然として停止している。

同社ではこれらの停止ページについて、3月下旬の再開を目指して復旧作業に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Intel AMT」のパスワードは大半が「admin」、端末乗っ取りのおそれ - 研究者が指摘
中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
事故の被処分者に関する個人情報含む資料をメールで送信 - 東京都
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に