Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ経由の情報漏洩対策ソフトにプロキシ機能 - TSS LINK

ティエスエスリンクは、情報漏洩対策製品の最新版「Pirates Buster for Active WebPage Ver.4.3」を発売した。

同製品は、ブラウザ上に表示されたウェブページのキャプチャや印刷、保存、コピーなど不正利用を防止するセキュリティ対策ソリューション。3500種類以上のキャプチャソフトやリモートアクセスツールに対応している。

グループウェアや動的コンテンツにも制限をかけることが可能。コンテンツサーバと利用者の間に専用のサーバを設置して利用するため、ウェブシステムの変更などを行わずに導入することができる。

最新版ではプロキシ機能を搭載し、コンテンツ保護をより容易に設定できるようになった。現在利用しているユーザーに対してはアップデートモジュールが無償で提供される。

TSS LINK
http://www.tsslk.jp/

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか