Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意図的な個人情報流出に対する罰則含んだ法規制を国へ要望 - 神奈川県

神奈川県は、同県授業料徴収システムに関連した個人情報がインターネット上へ流出した問題で、罰則規定も含めた情報セキュリティ関連法の整備を求める要望書を国へ提出した。

県立高校に在籍した生徒約11万人分の個人情報が、業務委託先の従業員からファイル共有ソフト経由で流出。その後データを入手していたと見られる第三者が、「Winny」や「Share」などへ再度流出させるなど被害が拡大した。

同県では1月19日には総務大臣に対し、地方公共団体が保有する個人情報の保護について、法規制に言及しない要望を行ったが、さらに一歩踏み込み、個人情報などを故意にインターネット上に流出させる行為の禁止や、違反者に対する罰則の規定など早急な法整備を内閣府、総務省、法務省、経済産業省に対し求めた。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
売却されたハードディスク18台を回収 - 神奈川県
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県