Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

半数は職場PCでプライベートメール、上司ほど高い割合 - HDE調査

HDEは、勤務中におけるプライベートメールの利用実態について調査を実施し、結果を公表した。

調査によれば、プライベートメールは約半数の環境で利用が禁止されているものの、54.2%が職場のPCでプライベートメールを利用。7割は勤務中に個人所有の携帯電話からメールを利用していることが判明した。

メールの送受信に利用されているのは、「Yahoo!メール」や「Microsoft Outlook Express」「Microsoft Office Outlook」が多かった。またプライベートメールを利用について役職別に見ると一般社員は52.1%だったが、経営者や役員は86%、部長は71%と割合が上昇する。

090130hd2.jpg

規制に対しては、就業規則で禁止された場合は64.5%、システムによる監視の場合は74.4%がプライベートメールの利用をやめると回答したという。

(Security NEXT - 2009/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か