Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

半数は職場PCでプライベートメール、上司ほど高い割合 - HDE調査

HDEは、勤務中におけるプライベートメールの利用実態について調査を実施し、結果を公表した。

調査によれば、プライベートメールは約半数の環境で利用が禁止されているものの、54.2%が職場のPCでプライベートメールを利用。7割は勤務中に個人所有の携帯電話からメールを利用していることが判明した。

メールの送受信に利用されているのは、「Yahoo!メール」や「Microsoft Outlook Express」「Microsoft Office Outlook」が多かった。またプライベートメールを利用について役職別に見ると一般社員は52.1%だったが、経営者や役員は86%、部長は71%と割合が上昇する。

090130hd2.jpg

規制に対しては、就業規則で禁止された場合は64.5%、システムによる監視の場合は74.4%がプライベートメールの利用をやめると回答したという。

(Security NEXT - 2009/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇