Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん被害受けたサイトを約1カ月ぶりに再開 - 日本体育協会

日本体育協会は、改ざん被害により公開を中止していた同協会ウェブサイトの提供を一部再開した。

2008年12月17日に不正アクセスを受け、一部を改ざんされたことから同協会ではウェブサイトの提供を中止。復旧作業を進めていたが、安全性を確認したとして1月21日より提供を再開した。

ただし一部ページについては安全の確認作業が続けられており、閲覧できない状態となっている。

(Security NEXT - 2009/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業