Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ対策ベンチマーク」活用集が第3版に - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティ診断システム「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の活用集第3版を公開している。

「情報セキュリティ対策ベンチマーク」は、情報セキュリティ対策の取り組み状況など回答することで、内部組織や委託先のセキュリティ対策状況について診断が行えるシステム。

「情報セキュリティ対策ベンチマーク活用集」では、ISMS認証取得や情報セキュリティ監査の準備など同システムを有効に活用するための事例を収録したもので、同機構や日本セキュリティ監査協会、日本情報処理開発協会 (JIPDEC)などによる情報セキュリティ対策ベンチマーク普及検討会が制作を担当した。

活用集はA4版142ページで構成されており、同機構のウェブサイトよりPDF形式でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2009/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、他社比較の可能な無償のセキュリティ自己診断ツールを更新
OGC、サイバー攻撃への組織対応力を測るチェックシートを作成
IPA、他社と対策状況を比較できる診断ツールのデータを刷新
IPAの情報セキュリティ安心相談窓口の受付時間が一時変更に
セキュリティ対策状況を簡易診断できるベンチマークを強化 - IPA
IPA、「情報セキュリティ対策ベンチマーク」を刷新 - 利用件数はのべ1万7000件に
ケーススタディを収録した情報セキュリティ対策ベンチマークの活用集第2版を公開 - IPA
IPA、自己診断ツール「情報セキュリティ対策ベンチマーク」を機能強化
セキュリティ診断ツール「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の活用集が公開
「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の新バージョンが公開